関西建設研究・交流集会

第20回関西建設研究・交流集会

 建設業界では、東京オリンピック関連の建設需要や6年連続の設計労務単価引き上げで、大手ゼネコンは至上空前の利益を上げています。一方、建設産業でも労働者は非正規労働者や一人親方が増え、正規と非正規の賃金や処遇の格差が拡大しています。
 建設業界では、大手ゼネコンの要求で、80年代に建設産業政策大綱がつくられ、品質を一定のものを大量につくる時代から、いいものをより安く買う方針で、建設業界の再編を進めてきました。
 いま技能労働者の賃金は、私たちの調査では公共工事設計労務単価の6割程度という状況です。非正規労働者や一人親方が増えるなか、賃金底上げの運動も広がっています。
生コンでは非正規労働者の最低賃金をこの春闘で決めるなど成果がでています。また全国では公契約条例を制定する自治体も20を超えており、労組や地域でどのように賃金底上げの運動が広がっています。また、徳島では「協約賃金」がつくられています。それをどう波及させていくか議論したいと思います。
 また、今年5月からキャリアップシステムが導入され、制度の十分な理解がないまま、技能労働者は実績を積むために登録を急いでいます。果たしてキャリアアップシステムは職人の処遇改善につながるのか議論したいと考えます。
 そして、建設労働者の賃金に大きな影響を与えるのが公共工事の発注です。政策的に設計労務単価を上げたりする一方で、いま行政改革により公務員が削減され発注方式にも影響してきています。これら公共工事の発注方式の変更で、今後、私たち労働者・国民がどのようにかわるのか学び、労働者の仕事と経営、賃金を守るにはどうしたらいいか議論したいと思います。

   開催日:2018年7月8日(日) 開会:10時~
   会場:キャンパスプラザ京都(京都市下京区西洞院通塩小路下ル)
         会  場 
           ① メイン会場 記念講演、まとめ集会
             第3講義室(4F、170人収容)
                9:00~12:20、16:20~17:50
           ② 分科会会場 分科会
                第1会議室 (2F、63人収容)
                第2会議室 (2F、38人収容)
                第3会議室 (2F、38人収容

   チラシ
   地図&アクセス
   お問い合わせ 電話:06-6941-6058 FAX:06-6941-6115
          E-mail:nre28145@nifty.com

<集会概要> 
  テーマ 『いきいきと働ける建設産業の未来を語ろう』
    
 記念講演 「協約賃金」を実現する交渉機構づくりの課題
     建設政策研究所 浅見和彦(建設政策研究所理事長/専修大学教授)
 
 第1分科会 テーマ「建設産業ではたらく者の処遇改善」

 第2分科会 テーマ「キャリアアップシステムは処遇改善につながるのか」

 第3分科会 テーマ「公共工事の発注の在り方問題」